畳の製造・修繕スタッフ

瀬口 一郎Ichiro Seguchi

プロフィール

以前は土木関係の仕事に就いていたが、やりがいを感じられず、転職を決意。昔からものづくりが好きだったこともあり、求人情報を見て、美ぐさ畳に興味を持った。
2004年から勤務。畳の張り替えや、新しい畳の製造など、畳全般の製造・修繕を担当。 日中、ほとんど一人で工場での作業をこなしている。

出勤時間も作業内容もすべて自分で決められる自由と責任を感じながらの勤務。
もともとマイペースな性格で、黙々と作業をこなすのが性に合っていたため、この仕事が長く続いている。自分が頑張っただけ収入になることもあり、美ぐさ畳は、唯一無二の職場と感じている。

確実に手に職がつく仕事です

私の主な仕事の一つに表替えという作業があります。畳の張り替えというと職人さんが大きくて太い針で手縫いをするようなイメージがあるかもしれませんが、最近はほとんど機械で行います。その機械も以前は半手動でしたが、今はすっかりコンピューター化されていますので、若い方でも入りやすいと思います。

そのほかにも、土台を切り出して新しい畳を製造したり、お坊さんが座る御前畳は手縫いしたりすることもあります。

先輩から一通り教わった後は、試行錯誤して自分に合ったやり方を身につけました。畳づくりには技能検定があるくらいで、一定の時間内に一畳の畳をつくるというのはなかなか難しい作業です。でも、学べば学んだ分自分の身になる、手に職がつく仕事です。

任せてもらえる喜び

職人仕事になりますので、昔気質の部分もあるかもしれません。甘い世界でないことは確かです。ですが、一人前として認められた日の喜びは格別です。信用がつけば、この仕事はあいつに任せておけば大丈夫だと仕事が回ってきて、自分にとってもいろんな面でプラスになります。

また、全国的に展開している会社ですので、お客様からも多くの信頼を寄せていただきます。手をかけた畳をお客様が喜んでくれていたという話を聞くと、丁寧につくった甲斐があったと嬉しくなります。

和のこころを受け継いでいく

畳のある家は減っていて、すべての床がフローリングのマンションなども多くなりました。でも、そういうところにお住まいの方から、なんとかして畳を敷きたいとご要望をいただくこともあるんです。フローリングの上に敷く専用の畳がありまして、美ぐさ畳の得意分野のひとつでもあります。

畳とともに生活をしたいという和のこころは、細く長く、脈々と受け継がれていくような気がしています。私は美ぐさ畳で伝統の技術を身につけることができましたので、これからの時代にこの技術をどのように活かしていくかを考えながら、五年先、十年先を見据えて頑張っていきたいと思っています。

畳の香りがお好きな方、一人前にしっかりとした仕事をしたいという思いがおありの方、学ぶ気持ちがおありの方、ぜひ一緒に働きましょう。

その他のインタビューを見る

募集一覧

日本の伝統「和」をはこぶ畳の配送スタッフ

雇用形態
正社員
給与
月給20~30万円
業務内容
畳・障子・ふすまの配送、納品
勤務地
愛知県愛知郡東郷町諸輪仲田88

日本の職人芸を伝える!畳などの引き取りスタッフ

雇用形態
正社員
給与
月給20~40万円
業務内容
畳などの引き取り・納品
勤務地
愛知県愛知郡東郷町諸輪仲田88

製造・修繕スタッフ(本社)

雇用形態
正社員
給与
月給18万円~
業務内容
畳やふすまなどの製造・修繕業務、リフォーム工事
勤務地
愛知県愛知郡東郷町諸輪仲田88

日本の職人芸をつたえる畳の製造・修繕スタッフ

雇用形態
正社員
給与
月給18~30万円
業務内容
畳・障子・ふすまなどの製造・リフォーム
勤務地
静岡県静岡市駿河区下川原6丁目30-19

製造・修繕スタッフ(三重工場)

雇用形態
正社員
給与
月給18万円~
業務内容
畳やふすまなどの製造・修繕業務、リフォーム工事
勤務地
三重県松阪市大口町480

エントリー

美ぐさ畳の最大の強みは「人財」です。
わたしたちは、伝統の暮らしと技術を未来へとつなぐため、橋渡し役となる「人財」とともに歩んでいきます。